賃貸アパートを探したり、契約したり解約したりする際には、正しい知識が必要です。お部屋を探す際には、様々な要因を考慮して希望エリアを決定します。

気軽に物件探し

正しい知識を身につけて快適賃貸生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大学進学や就職等で実家を出て、人生で初めて賃貸アパートに住むことになった、という方は多いことと思います。
一方、お父さんが転勤族であったため、行く先々で賃貸アパートや賃貸マンションに住むという子供時代を過ごした人もいるでしょう。
また、大学も就職も実家から通える範囲で済ませたため、結婚して所帯を持つ段になって賃貸アパートデビューを果たす人も少なくありません。
どんなところに住むかというのは非常に大切な問題ですから、お部屋を探す際に、どのように情報を集め、どんなことに気をつけて探せばいいのか、契約や解約の際に注意すべきことは何か、といった知識があるのとないのとでは、大きな違いが出てきます。
快適で安全な賃貸生活のために、正しい知識を身につけておくことが重要です。
では、いざ賃貸アパートを探そうという際に、一体何から手をつけたらよいのでしょうか。
答えは、あなたとあなたの家族の生活パターンと希望をしっかり整理することです。
まずはどのエリアに住みたいのか決めましょう。
以前から憧れていた街があり、その範囲に住みたいと思っている人もいます。
また、自分と家族の通勤先・通学先や、趣味のスポットから近ければ近いほどいいという人もいます。
家族が通っている病院があるならそのことも考える必要があります。
大体どのエリアで、どの駅周辺なのか考えます。
単純に距離だけでなく、電車や道路の利便性も考えてある場所から何分以内なら許容範囲かという検討の仕方がおすすめです。
ひとつ隣の駅というだけで、距離はそんなに変わらないのに家賃相場がかなり割安ということもありますので、はじめはエリア設定はゆるめにくくっておくのが賢いでしょう。
ここで注意を一言。
あなたが一人暮らしを考えている若い人である場合、学校や職場にあまりにも近いところに住んでしまうとかえってアダになることがあります。
学校の友達や、会社の先輩・同期などのたまり場になってしまい、適当な時間に帰ってもらいたくても追い返すわけにも行かず、プライバシーを保ちにくくなることが往々にしてあります。
リラックスできる自分だけの時間・空間を確保したいタイプの人は、よく考えてエリアを選びましょう。